So-net無料ブログ作成
検索選択

早急な対策が必要な自殺予防 [治安・安全]

いじめによる自殺事件が連日報道されています。
現代人にとっての「自殺」とはどのようなものなのか、改めて考えてみる必要があります。

厚生労働省「平成17年 人口動態統計(確定数)の概況」によると、
平成17年1年間での自殺者数は30,553人となっており、
日本人の全死亡者数の2.8%となっています。
この数値は、交通事故死(10,028人)、他殺(600人)をはるかに上回っています。

なお参考までに、
警察庁生活安全局地域課「平成17年中における自殺の概要資料」(平成18年6月)によると
平成17年の自殺者数は32,552人であり、
警察庁交通局「平成17年中の交通事故の発生状況(平成18年2月23日)によると
交通事故による死者数は、交通事故から24時間以内に死亡した人が6,871人、
30日以内に死亡した人が7,931人となっています。
また、警察庁「平成17年の犯罪情勢」(平成18年4月)によると、
平成17年に殺人事件よって殺害された人の数は643人となっています。

図:要因別死亡者数(平成17年)

注:厚生労働省統計は日本人を、警察庁統計は外国人を含めた全ての事件を対象としているため、
  数値が異なる。
出所:厚生労働省「平成17年 人口動態統計(確定数)の概況」、
   警察庁生活安全局地域課「平成17年中における自殺の概要資料」、
   警察庁交通局「平成17年中の交通事故の発生状況」、
   警察庁「平成17年の犯罪情勢」

また、年齢別の死因をみてみると、20代~30代の死因の第一位が「自殺」となっています。

表:年齢階級別の死因(平成17年)

注:「悪性新生物」とは、いわゆるガンのことである。
出所:厚生労働省「平成17年 人口動態統計(確定数)の概況」

このように、現代人にとって「自殺」という問題は無視できないものとなっています。
自殺を防止するために、家族や友人との間のコミュニケーションを密にするほか、
自殺の要員となる原因を特定し、カウンセリングを行うといった体制整備が求められています。


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。